花粉症

プロポリスの原料とは?

プロポリスとは、ミツバチが作り出す特別な成分です。
ミツバチが樹液などを口の中に含み、自分の唾液と組み合わせてプロポリスを作り出します。
どうしてつくりだすかというと、巣を守るために必要なものだからです。

ミツバチは一つの巣に恐ろしい程の数のミツバチが住んでいます。
しかも湿度も高いので団体生活で恐ろしいのは病気が広まることです。
そこでプロポリスが活躍します。

プロポリスには抗菌作用があるからです。
ミツバチは外から帰って来た時に、最初にプロポリスが貯められている部屋を通ります。
ここできちんと殺菌、消毒してから巣の中の入っていくのです。

このプロポリスにより、あれだけ集団で生活していても何の問題もないのです。
また巣が壊れてしまうこともあります。
そういった時もこのプロポリスを使って修復します。

ですから、プロポリスはミツバチを病気から守る上で欠かせない仕事をしているのです。
この効果からも分かる通り、このプロポリスは人間にも効果的です。
抗菌作用、殺菌作用は私たちも必要です。
風や毎年恒例のインフルエンザにも効果を発揮します。
ミツバチの巣を保護するプロポリスの力を借りて病気に負けない体を作ることができるのです。